ヘッダータグの階層をシフト(h1→h3→h3→h5) SEO

1
2022.01.03

現在、h3,h4,h5のみを使用したウェブサイトを開発しています(デザイン部門からのラベルに基づいています)。ヘッダーの階層自体は合っているのですが、h1、h2、h3と上の階層にシフトすることで、SEOに良い影響があるのではないかと考えています。

回答
1
2022.01.05

ドキュメントを意味的に、そして最新の規格に沿って構築することは、常に最善の方法です。

しかし...

ユーザーにとって価値のある高品質なコンテンツを公開していれば、検索エンジンで上位に表示されます。

例えば、そのテーマについて世の中に出回っているすべてのものよりもはるかに優れた、素晴らしいブログ記事を書いたとしましょう。

例えば、Googleは「すごいね、これは1ページ目に載るべきだね。ちょっと待ってね、<h1>の前に<h3>をつけているのが気になるね、3ページ目にしてよ」とはなりません。


見出しを意味的に構成することは、ベストプラクティスでしょうか?

もちろんです。


その変更を実行した後、あなたのページは今よりも上位にランクインするでしょうか?

疑わしいです


私のテストでは、2016年以降、<h1><h2><h3>の順番と平均順位の上昇との間に、統計的に有意な正の相関は見られませんでした。

Googleは主に、ユーザーがあなたのページをどのように見るかを気にしています。クロールされることができれば、ランキングに入ることができます。質の高いコンテンツは必須であり、100%最適化されたオンページ要素は良いが、必須ではない。

しかし、オンページSEOが死んだわけではありません。

セマンティックでない見出しに加えて、画像が1枚しかなく、それにaltテキストがなく、内部リンクがすべて裸のURLで、文字が小さすぎて読めず、meta descriptionを記載していないなどの場合、いくつかの問題があるでしょう。

マークアップのセマンティクスを改善することで、Googleが検索結果ページでコンテンツを表示する方法を改善できる場合があります。構造化データの提供やリッチスニペットの生成はその一例で、Nikant25さんの回答はそれを示唆していると思います。

1
2022.01.04

Googleは、見出し要素の構造における階層性を観察することを推奨しています

見出しタグを使用して、コンテンツを階層的に構造化してください。例えば、HTMLでは<h1><h2><h3>、...といった具合です。

Mozillaも同様に推奨しています。

スクリーン・リーディング・ソフトウェアのユーザーがよく使うナビゲーション手法は、ページの内容を素早く判断するために、見出しから見出しへとジャンプすることです。このため、1つまたは複数の見出しレベルをスキップしないことが重要です。

HTMLドキュメントの正しい階層構造は、そのドキュメントの構造化データツリーを作成するのに役立ちます。