YouTubeの動画にトランスクリプトがあるものとないものがあるのはなぜですか?

1
2021.07.25

これは、動画の作者が、トランスクリプト設定を有効にするか無効にするかで決まるのでしょうか?YouTubeのバックログで、動画を処理し、終了後にトランスクリプトを利用できるようにしているものはありますか?長い動画にはトランスクリプトがない可能性が高いですか?翻訳サービスが人気のあるコンテンツを優先しているように、視聴回数の少ない動画にはトランスクリプトがない可能性が高いのでしょうか?

YouTube全体で一貫性のない体験をしていることに困惑しています。古い動画にトランスクリプト機能がないのは理解できますが、新しい動画にはすぐにトランスクリプトが利用できるものとそうでないものがあります。CCボタンの先にトランスクリプトがある場合に表示されるように、クライアント側で何か見逃していることはありませんか?

回答
1
2022.01.14

公式な情報源に基づく回答はなく、観察と結論に基づいている

入手可能な事実

サンプルからの観察

チュートリアルビデオは、プレイリストの一部です。そのプレイリストの中の59番目のビデオとして表示することもできます。

  1. 字幕は "English "です。
    "Englisch (auto-generated) "
    ではなく、手動で作成されます。
  2. CCボタンが用意されており、オン/オフを切り替えることができます。
  3. ... "のメニューにある "トランスクリプト "は使用できません。
  4. ビデオが以下のいずれかであるかにかかわらず
  • a) 単独での上映、または
  • b) プレイリストの一部として

推論します。私には技術的な制限とは思えません。

  • 可能な限りのソースが用意されている(手動でアップロードされたトランスクリプト)
  • 2020年07月の動画なので、初期のYoutubeの時代ではなく現代のもの
  • CCが表示できる。つまり、データは確実に存在する。

推測ですが、出版社の判断だと思います。

  • "Offer transcript "というオプションがあるはずです。
  • しかし、「利用可能な事実」で述べたように、そのような文書化されたオプションは見当たりませんでした。

決定的な答えを得るための可能な方法

  1. Youtubeクリエイターを入手し、Youtube Studioを試し、すべてのオプションをチェックする。
  2. 異なるブラウザで異なるビデオを試す。

どちらか、または両方の点で改ざん/検証することで、最終的な確定的な答えを得ることができます。

または3:Youtube/Googleの担当者から正式な回答を得る。