バッテリーの寿命を最大化するためのプラグインvs20%-80%充電?

0
2022.03.08

iPadのバッテリー寿命を最大化するための2つの典型的な基準があるようです。 1つは、充電率を0または100%に近づけることは、充電を20%〜80%の範囲に維持することによって回避する必要があるということです。もう1つの基準は、iPadを常に接続したままにして、バッテリーがまったく充電または再充電されないようにすることです(または、少なくとも99%〜100%の範囲にとどまります)。どちらが正しいアプローチか知りたいのですが。

一部のiPadには、充電に注意を払う必要がないことを正当化するためにAppleが言及しているバッテリーヘルスオプションがないことに注意してください。

念のため、2021年製のiPad第9世代についてお伺いします。バッテリーヘルスオプションがなく、80%で停止するのを見たことがありません。また、これらのことを考えすぎないように言われたとしても、世界にはバッテリーの交換に10倍の費用がかかる場所があるため、アドバイスは適用されません。

回答
1
2022.03.08

最適なアプローチは、あなたが示すように、その20%-80%の範囲にとどまることです。ただし、実際には、それとiPadを常に接続したままにしておくことの違いは、実際には非常に小さいものです。

iPadは100%に達したときに同じ速度で充電を続けるわけではないので、プラグを差し込んだままにしておくだけでは、バッテリーが「過熱」したり「急速に劣化」したりすることはありません。iPadはその時点でトリクル充電されます。 iPadには、バッテリーを100%充電したままにしないために、常にトリクル充電を開始するように常に接続したままにしておくと、最大容量を調整する機能が組み込まれています。

バッテリーの充電を常に監視し、iPadを切断/再接続するのにかかる労力を考慮してください。ほとんどの人にとって、それだけの価値はありません。

バッテリーの交換が10倍も高い世界の場所に住んでいるとおっしゃっていますが、実際にそのように充電を管理するのに時間と労力を費やす価値があるとは思えません。たとえば、バッテリーの寿命を5%延長できるのであれば、iPadの上にホバリングするのに何時間も費やす価値はあります。

ほとんどの人にとって、「正しいアプローチ」を自分で行う必要はないと思います。 iPadを接続するだけで、自動的に充電が行われます。